会話のテクニック見つけてしまった【疑問文編】

f:id:reymar1:20191029153711j:image

 

どうも〜、reymarです。

 

ふとした時に、会話のテクニックを思いついたので、書き留めておきます。

 

会話で重要なのは質問

これは、間違い無いですよね。

 

盛り上がっている話題があれば、質問とかしなくても、お互いが自由に意見を言ってうまくいくと思いますけど、

一度会話が途切れた時とか、話題がなくなったときに重要になってくるのがやはり質問ですよね。

 

極論を言うと、質問が無限にあれば、一生会話が途切れることがない笑笑

 

どこか盛り上がったら、その話題を続ければいいだけですし〜

 

普段はYes/No疑問文

多分これ重要。

 

先生とか先輩とかに質問するときは、なるべく相手に負荷を与えないように、

そうor違う

とかで答えられる質問を意識しています。

 

例えば、

提出期限明日までですか?

午前実験していましたか?

などなど…

 

次のように聞くことは、あまりないですね。

提出期限いつですか?

実験いつしていましたか?

 

わざわざ誤解の無いように、

明日(10/30)です。

10:00〜11:30くらいまでしていたよ。

などと、少しの労力と時間を使わせてしまうんですよね、おそらく。

 

yes/noで答えられる質問の方が圧倒的に、楽だしスムーズなやり取りができる。

 

会話を楽しむときは、5W1H疑問文

これも重要。

 

さっきの逆パターン。

誰かと会話やラインしているときに、yes/no疑問文使ってしまうと、そこで会話が終わりかける。もしくは、相手が終わらないように頑張る必要がある。

 

だいぶしんどそう笑

これよりは5W1H疑問文を使って、相手に長く返させると、会話がうまくいきそう。

 

相手が午前大学あるって分かってても、

「午前大学?」

よりも、

「午前何かあった?」

の方が、会話が繋がりそうだし、面白い話題提供してくれる可能性もある。

 

ここまで考えてはないけど多分無意識にやっている

上に書いたこと常に意識とかは多分無理。

そんなこと考えてたら疲れる。

けど、たまに意識すると良いことあるかもくらいに思っておけば良いかな。

 

 

以上、ふと思ったことでした笑