駿台、河合塾がAIを取り入れる

f:id:reymar1:20191108072445p:image

どうもー、reymarです。

 

とうとう塾にもAIが入ってくるらしい。

講師の高齢化や受験生減少から、集団授業が減って、替わりにタブレットとかで勉強させるらしい。

 

まぁ、いつかはそうなっていくとは思っていた。

 

AI で苦手を分析とかかっこいいもんね

塾って人を集めなきゃ収益化できんから、AIとかの謳い文句は、非常に親受けとか良さそう。

多分そういった効果もありそう。

他の塾が取り入れたら、自分の塾も取り入れなきゃ、どんどん人減ってきそうだもんな。

 

ここ20年で18歳人口2割強減る

え、そんな減ったのって感じ笑

2割って聞くと、受験よりも日本存続の方が心配したくなるレベル。

 

大学進学率は高まったそうだけど、受験人口減ると、それだけ塾の収益も減っていく一方だから、大変な業界だな…

 

代ゼミとかもうほぼオワてるからなぁ。

 

メリットあればデメリットもあり

ほとんどのものは、メリットがあるとデメリットもあると考える派なので、今回も考えてみた。

 

個人の感覚で言うと、頭良かなるかもだけどアホになりそう。

 

AIなどを使って、苦手分野を自然と繰り返せる勉強って、確かに効率良いかもだけど、受験を通してひたすら問題解くことしかしてないじゃん。

 

どこが出来ていないかの分析→なぜできていないかの分析→次なにをすればいいのかを考える。

 

こういう力って受験を通して身につきそうなのに、AIにまかせたら楽っちゃ楽だけども…どうなの?って感じ。

 

社会に出て困難に出会ったら、解決に時間かかったりしそう。

塾がAI方面に手を出すのは普通の流れだし、世間も単純に勉強の革新とか思ってそうだけど、多少なりともこのデメリットはあると思うんだよなぁ。

この方向に時代は変わっていくから仕方のないことなんだけども…